なぜ00:00 Studioで配信をするのか?

ここを見ていただいてるということは00:00Studioからお越しだと思うので

「00:00Studioってなに?」
「プロセスエコノミーってなに?」

という部分は割愛させていただきますが、
練習配信などをしているとありがたいことに応援してくださる方々がいらっしゃるんですね。


で、応援していただくからには

「自分がどういう人間で、なにを目標に配信をしているのか」

について良いところも・悪いところもお伝えするのがいいと思いこのページを作りました。




ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

年齢は足かせなのか?

まず私の「悪いところ」というわけでもないんですが、アーティストとして不利なところは年齢です。


私は1979年生まれです。
デビューしたのもとても遅く、初めてレコード会社と契約したときにはもう38才でした。

これを書いてる2021年7月の時点で41才です。


ジャズの世界は音楽業界の中でもちょっと特殊で30代でも若手、
60、70才以上のレジェンドも現役で活躍されているという状況とはいえ、
41才というのはさすがにもう若くありません。


世間的にも何か新しいことに挑戦するのが難しい年齢でもあります。


でも年齢ってほんとに足かせなんでしょうか?


挑戦をつづけるかぎり、
最後までやり抜いたあとにならないと判断はできないと思っています。


「あの年齢からでも挑戦して良かった」


そう自信をもって言える未来にたどり着くための今日を積み上げる


そんな気持ちで毎日練習配信をしています。

20代はムダな時間だった?

そもそもなんでそんなにデビューが遅かったのかというと、
30代なかばまで会社員として働いていたからです。

カメラメーカーのNikonというところでハードウェアエンジニアをしていました。


仕事自体はやりがいのあるものでしたが、やはり音楽をやりたいという気持ちがくすぶり続けていました。



なので、サラリーマンを続けながら音楽専門学校に通うことにしました。


会社から帰るとだいたい22時くらい。そのあとの夜の時間と土日をフルに使って音楽を学びました。

この時期は忙しすぎてほとんど記憶がありません。

「もっと若いうちに挑戦しておけば」という思いもありましたが、
いま振り返るとこのサラリーマン時代があって良かったなと思っています。


上司や先輩が仕事をする姿からは、業界を問わず「プロとして仕事をするとはどういうことか」を学ぶことができました。

エンジニアとしての構造的・論理的な思考は作曲にもとても役に立っていると感じています。

デビューはしたけれど...

そんなこんなでサラリーマンと音楽活動の2重生活を続けた結果、
38才にしてようやくデビューに至ります。

P-Vineレコードというレーベルからのアルバムリリースが決まったのです。


昔から好きなアーティストがリリースしている憧れのレーベルだったので、
リリースが決まったときは本当にとても嬉しかったです。


「これで音楽の道が開けた!!」とも思いました。


しかし、現実はそんなに甘いものではありませんでした。

基礎から鍛え直し!

ありがたいことにアルバムを買ってくださったり、
楽曲が好きだと言ってくださる方々も増えたのですが、
セールスの面ではあまり良い結果にはなりませんでした。


そして、ファーストアルバムのセールスが良くないということは、
次回作以降をリリースできる可能性が低くなってしまうということでもあります。


もちろんプロである以上、セールス面のことも大事なのですが、
それよりも自分にとって考えさせられたのは


「圧倒的に実力が足りてない」


ということでした。


リリースしたアルバムは「その時点での自分が作れる最高のものだった」という自負があります。


しかし、いざCDという形になって、
これまで自分が聴いてきた偉大な先人たちの作品と同じ土俵に立ってみると、
自分に足りないものをまざまざと見せつけられました。


また、当時は「なんとか30代のうちにデビューしたい!」という焦りもあり、
作品をリリースすることに注力するあまり、音楽的・演奏的な基礎体力をしっかり固めることがおろそかになってしまっていたように思います。


「基礎から徹底的に鍛え直す!!」


00:00 Studioでギターの練習配信を始めたのはそんな思いからです。

というわけでいまは音楽的な基礎体力の向上のために、
毎日練習や音楽制作を配信しています。

ぜひフォロー、コメント、ファンレターなどいただけると励みになります!

>>00:00 Studio マイページ

よろしくお願いいたします!!

Profile

ナカガワ ムネユキ

・作曲家 / ギタリスト
・活動名義:Vityazz(ヴィチアス)  >> 1st Full Album「11034」